医療法人イプシロン 北参道こころの診療所 原宿駅、代々木駅、千駄ヶ谷駅の精神科・心療内科

GENERAL PRACTICE

心の声を聴く専門医

 心療内科の診察では、受診された方々のお話を聴くことが最も重要な手段のひとつです。悩まれていることも、まだ十分に形になっていないことも、さまざまな「心の言葉」としてとらえて理解するには、技術と経験が必要です。当診療所では、精神分析的な訓練を受けた医師が心を聴く診療を行ない、ともに考えてゆきます。

適切な薬物療法

私たちはまず、受診される方がどのようにお困りなのか耳を傾け、ご本人とともに探索し、糸口を見つけていきます。医学的判断の結果、薬物療法をお勧めすることもあります。その際、薬物の意義・使い方・副作用についての注意などを丁寧にご説明し、不安を持たれる点について十分に話し合った上で、適量を処方いたします。

ひとりひとりの治療

医学的な治療には、効果が確認されたスタンダードな方法があります。一方、脳や心には個別性があり、治療に対する反応にはバリエーションがあります。さらに、ひとりひとりの方々を囲む環境や経てきた体験は、さまざまな心への反映をもたらしています。それらを念頭に置きながら、ひとりの方を複合的な存在としてとらえ、ともに治療の道を歩みます。 なお、担当医の性別にご希望のある場合は、ご遠慮なくお申し出ください。

FLOW

初診の流れのご説明ページございます。
詳しくはそちらをご覧ください。

お困りのこと、心身の調子や症状および生活の変化、お薬の影響や気になることなど、気兼ねなくお知らせいただくことが、治療の重要なデータになります。対話によって心の不調の姿や備えている健康さが明瞭になり、治療の方向性がより調整されてゆきます。そしてこのプロセスから、ご自身のあり方への理解を深めて行くことになります。

なお、必要に応じて、検査や治療のための他施設紹介も行います。ご家族や職場の関係者との相談は、ご本人の了承のある場合には可能です。

・お電話でのお問い合せ

03-6434-7571 電話受付時間
月・火・土 8:45~13:00 / 13:45~17:00
水・木・金 8:45~13:00 / 13:45~20:15
日 8:45~13:00
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-32-2
北参道ウイングビル2F