医療法人イプシロン 北参道こころの診療所 原宿駅、代々木駅、千駄ヶ谷駅の精神科・心療内科

PSYCHOTHERAPY

精神分析的精神療法とは

100年余り前、ウィーンの精神科・神経内科医のジーグムント・フロイトは患者さんたちと日々出会ううちに、人の心には、「無意識」という広大な領域があって、感情や思考、行動を左右しているということを見出しました。今や「無意識」は日常的に使われる言葉になっていますが、当時の画期的な発見だったのです。そして彼は、無意識は意識の上には現れないというその性質上、直接的には見ることができず、うっかりした間違い、夢、そして症状などを通して推測ができると考えたのでした。さらに、患者さんとの治療で無意識を探求する方法として、寝椅子に寝た姿勢の面接を毎日行って、頭に浮かんだことを選択しないで語ってもらう自由連想法という精神分析の方法を編み出しました。

現在でもこの方法は行われており、心の深い部分の探索や変化に貢献しています。しかし時代とともに、人の心に触れる方法として、精神分析によって究明された理論や理解を応用しながら、寝椅子ではなく対面でも行え、毎日ではなく週1、2回の面接(一回45〜50分)を使う方法が編み出されました。これが精神分析的精神療法です。現在日本ではこの週1、2回の分析的精神療法のほうが主流となっています。

人の心の中にはおのずと、苦しみを伴う情緒が避けがたく生まれます。それは人の心に備わったもので、怒りや憎しみ、恨み、絶望や悲嘆かもしれません。それらを抱きつつ、日常生活を何とか維持していくやり方を、人は「無意識に」行っています。バランスの良い方法が取れている人もいますし、中には、そのやり方に無理がありすぎて、さらなる苦しみを招くような悪循環にはまっている人もいます。自身のあり方を知るようになって、少しだけ変化がおこると、苦しみの抱え方が変わるだけでなく、他者との関わり方や、物事の味わい方やとらえ方に余裕や奥行きが生まれます。精神分析的精神療法は、そういうことを目指して行われるものです。治療は数年以上の取り組みになることが少なくありません。

精神分析的精神療法を受けるには

受診される方ご自身が精神分析的精神療法について関心を持っておられる場合もありますし、一般診療の中で、担当医が精神分析的精神療法の適応を考え、提案する場合もあります。

どちらの場合にも、この治療法が適しているかどうかの検討をまず行います。精神分析的精神療法によって何らかの達成が見込めるかどうか、現時点の心身のコンディションが治療を続けていくことにふさわしい状態であるか、また、現実的な条件が治療方法にあっているかどうか、などを検討します。このために、まず予備的な4回ほどの連続した面接(アセスメント面接)を行います。この際、患者さんも治療者とこのような治療を継続していくことが助けになるかどうか、体験して確かめることができます。
次にそこで得られた見立てを担当医は患者さんにフィードバックし、患者さんとともに治療を継続するかどうか決定します。精神分析的精神療法を始める場合は、担当医と患者さんとのあいだでルールを確認し、契約を交わします。

こうしたプロセス自体が治療の基礎固めであると言っても良いでしょう。 継続する精神分析的精神療法が始まったなら、ルールと契約に支えられたなかで、自由に語る、そして考えることが続いてゆきます。

FLOW

まずは一般診療を受診してください。
その中でご利用者様の状態をしっかりと把握いたします。

現時点での心身コンディションが治療を続けていくことにふさわしい状態であるか、現実的な条件が治療方法にあっているかを検討します。まず予備的なアセスメント面接(4回程の連続した面接)を行います。利用者様に体験して確かめていただくこともポイントです。

診療によって得られた見立てを利用者様にフィードバックし治療を継続するか決定します。精神分析的精神療法を始める場合は、担当医と患者さんとのあいだでルールを確認し、契約を交わします。継続する精神分析的精神療法が始まったなら、ルールと契約に支えられたなかで、自由に語る、そして考えることが続いてゆきます。

・お電話でのお問い合せ

03-6434-7571 電話受付時間
月・水・木 8:45~20:15
火・土 8:45~17:00
金 12:45~20:15
日 8:45~13:00
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-32-2
北参道ウイングビル2F